MONTSUKI  HAKAMA

紋付羽織袴

紋付羽織袴は江戸時代武家社会で略礼装として用いられていて、

明治時代に太政官令で礼装を定めた際に正装・礼装として広まりました。