SHIROMUKU

白無垢

白無垢は室町時代の頃から武家の娘の婚礼衣装として用いられるようになり、

最も格式の高い婚礼衣装とされていました。

神様に仕える人の衣裳が白だったことから、邪気を払い、神聖な儀式に臨むときの衣裳とされ

花嫁衣裳として用いられたとも言われています。