IROUCHIKAKE

​色打掛

室町時代末期から江戸時代にかけて、

きものの上にもう一枚別の着物を羽織る打掛姿が武家の女性の正装でした。

色打掛はその豪華絢爛な美しさから、やがて裕福な町人や豪農にも広がりました。

BASIC STYLE

ベーシックスタイル

GRADE UP

グレードアップ